妊娠準備 サプリメント

妊娠準備※サプリメント売れ筋ランキング

現在、働き盛りの女性達の間で「妊娠準備」という言葉が流行となっています。
妊娠準備とは、妊娠に対するポジティブな活動のことで、妊娠しやすい身体作りや妊娠に対する知識を深めることを指します。

 

近年では、多くの女性芸能人やアーティストが積極的に妊娠準備を行っており、テレビや雑誌でも妊娠準備の特集が組まれており、妊娠準備という言葉を耳にする機会が増えてきています。

 

当サイトでは、妊娠に対する正しい知識や妊娠準備に対する疑問など、妊娠準備に関する情報を多数ご紹介しています。妊娠準備をスムーズに進めるためのサポートとして是非お役立てください。

 

妊娠準備サプリメント最新ランキング

ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリは、豊富な葉酸と27種類のビタミン、鉄分、カルシウムなどの栄養成分、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分を配合したサプリメントです。

 

葉酸だけでなく、栄養素や美容成分を手軽に配合できる商品となっています。無添加・無香料の安心製法で作られているため、身体が気になる妊娠中でも安心して飲み続けることができます。

 

妊娠中の方や妊娠準備中の方に人気のサプリメントで、様々なメディアで紹介された実績があります。

 

▼ベルタ葉酸サプリの公式サイトはこちら▼

ベルタ葉酸サプリ

 

オーガニックレーベルの葉酸

オーガニックレーベルの葉酸は、100%天然由来の原料と無添加製法で作られた葉酸サプリメントです。

 

妊娠に必要な重要成分である葉酸を、1粒にぎゅっと凝縮してあります。効率良く葉酸を摂取できるサプリメントの形に加工されていますが、食品に近い形で作られているため、妊娠中の敏感な時期でも安心して使うことができます。

 

サプリメントはつわりの時期でも飲みやすい極小サイズの粒形状で、ニオイにもこだわって開発しています。

 

▼オーガニックレーベル 葉酸サプリの公式サイトはこちら▼

オーガニックレーベル 葉酸サプリ

 

美的ヌーボ

美的ヌーボは健康な胎児を育てるのに重要な葉酸と、体調が変化しやすい妊娠中の身体を支えてくれる27種類のビタミンとミネラルを配合したサプリメントです。

 

葉酸は天然素材から作られており、食事から摂取するのと同じ形で摂り入れることができます。

 

妊娠中に起こりやすい貧血や肌荒れ、むくみやつわりも美的ヌーボに含まれている豊富な栄養素で解消のサポートをすることができます。様々なメディアでも高く評価され、その実績で2014年のモンドセレクションで金賞を受賞しました。

 

▼ビタミンとミネラルの美的ヌーボの公式サイトはこちら▼

ビタミンとミネラルの美的ヌーボ

 

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、100人以上の女性の意見から生まれた葉酸配合の妊娠サポートサプリメントです。

 

販売実績が45年以上となるエーエフシーから販売されている実績のある商品で、多くの雑誌にも紹介されています。原料の試験や製造、出荷は徹底的な安全性にこだわっています。

 

妊娠中に欠かせない葉酸を手軽に摂取できるサプリメントにし、胎児と母体の健康をサポートします。

 

▼女性100人の声から生まれた 葉酸サプリの公式サイトはこちら▼

女性100人の声から生まれた 葉酸サプリ

 

amoamo

amoamoは、蛯原友里さんの妹でチャイルド・ボディ・ セラピストの蛯原英里さんがプロデュースした妊娠サポートサプリメントです。

 

一日3粒で妊娠準備、妊娠、産後に必要な栄養素を摂取することができます。豊富な栄養素がバランスよく配合されているので、複数のサプリメントを摂取する必要がない商品となっています。

 

1日110円から続けることが出来るので、経済的で続けやすくなっています。

 

▼amoamoの公式サイトはこちら▼

amoamo

 

 


妊娠準備のために葉酸・亜鉛・マカなどどれをとるべき?

妊娠準備の一環として、サプリメントを摂取しているという方は数多くいます。

 

妊娠に効果があるという謳い文句で販売されているサプリメントは多く販売されていますが、どの栄養素が妊娠準備に効果的なのでしょうか。

 

 

 

葉酸

葉酸は欠乏すると神経管閉塞障害が起こり、最悪の場合は死亡するケースもあります。
特に妊娠初期に必要となり、妊娠に気付いていない第一週が最も葉酸が必要な時期となります。
また、胎児にも影響があり、不足すると無脳児の発症リスクが高まります。

 

亜鉛

亜鉛は欠乏することで、免疫機能の低下や胃腸機能の低下が発生します。
過剰に摂取すると自然に身体から排出されますが、一度に大量摂取すると上手く排出されず、身体に残ってしまいます。
身体に残った亜鉛は、血液の濃度を低下させたり、鉄や銅の欠乏に繋がります。

 

妊娠に関わるものでは、男性機能の向上を謳い文句としている亜鉛商品がありますが、亜鉛の摂取と男性機能の向上は必ずしもイコールではありません。
男性機能の不全は他の原因も考えれられるので、亜鉛を摂取するのではなく、医師に相談するようにしましょう。

 

マカ

マカは元々男性のサプリメントとして知られてきましたが、妊娠にも効果的であるという噂があります。
実際にマカを摂取した方で妊娠した方もいますが、マカは妊娠にかかわる副作用も数多く報告されています。
具体的には、生理が止まった、生理周期が変化した、生理痛が酷くなったなどの症状があげられます。

 

妊娠準備には葉酸がオススメ

葉酸が必要な時期は妊娠一週目です。
ほとんどの方は妊娠してすぐに気付くことはありません。しかし、妊娠準備をしていて妊娠に繋がった場合、負担から葉酸を摂取する習慣を付けておくことで、葉酸が不足するという事態を防ぐことができます。
妊娠中は多くの栄養素が必要となりますが、妊娠準備中は特に葉酸を意識して摂取すると良いでしょう。

 


妊娠準備とはなにをすること?

近年、働く女性の中で流行っている言葉として「妊娠準備」というものがあります。
女性芸能人やアーティストも妊娠準備を行う方が増加しており、テレビや雑誌などでは妊娠準備の特集が組まれています。
では、妊娠準備とは具体的に何をすることなのでしょうか。

 

妊娠準備とは

妊娠準備とは、妊娠をするために積極的な活動を行うことです。性別を問わず、妊娠しやすい生活スタイルや身体作りを行い、妊娠を目指すというものです。

 

妊娠は望んでいても中々できないという方が多くいます。特に現代は女性の社会進出化が進み、妊娠しにくい環境となっています。
妊娠を避ける方法は知っているけれど、妊娠をしやすくする方法は知らないという方は数多くいます。
妊娠準備は、妊娠しやすい環境を作ると同時に、妊娠についての知識を深める活動でもあるのです。

 

妊娠準備を始めるメリット

現代は医療の進化により、高齢出産も珍しくなくなってきています。
しかし、若いうちに妊娠・出産をした方が、母体と胎児のリスクは少なくなります。

 

40代を過ぎると妊娠しにくくなったり、流産の危険性が高まってしまいます。
妊娠準備を始めることで早期の妊娠を狙い、母体や胎児へのリスクを減らすことができるのです。

 

妊娠準備は妊娠に対しての知識を深めるだけでなく、妊娠しやすくするため自分の身体を知ることができます。
毎月の生理の状態をチェックしたり、定期的に婦人科検診を受けることで、今まで気付かなかった自分の身体のことを知る良い機会となります。

 

また、若い方に増加している婦人科系の病気も、妊娠準備で自分の身体の状態を知ることで早期発見することが可能です。
妊娠準備は妊娠することだけでなく、自分のライフスタイルや身体のことを見直すきっかけにもなるのです。

 


どのタイミングで葉酸を摂取すればよいのか

葉酸の摂取が胎児や乳児に欠かせないということは広く知られつつあります。
葉酸の摂取は厚生労働省にも勧められており、母子手帳などにも記載があります。

 

では、具体的にはどのような時期に葉酸を摂取すればよいのでしょうか。
また、それはどうしてなのでしょうか。
葉酸の胎児への効果と併せて紹介していきたいと思います。

 

■葉酸はどのタイミングで摂取すればよいのか

 

葉酸をどのタイミングで摂取すればよいのか、という説明は、なぜ胎児に葉酸が多く必要なのかという問いの答えと密接にかかわっています。

 

胎児は、細胞分裂によって細胞を増やし、その細胞が成長することによって大きくなっていきます。
その過程で、細胞分裂した細胞によって体の器官が作られていきます。

 

そして、大切な器官が最初の方に作られてゆきます。

 

葉酸は、この細胞分裂を盛んにしてやる効果があります。
つまり、赤ちゃんの体作りを助ける効果があるということです。

 

大切な器官が最初に作られるということは、その大切な器官が作られる時期に葉酸をしっかり摂取しなければ、大切な器官がしっかり作られない可能性があるということです。

 

そのため、葉酸は妊娠初期に必要になります。
しかし、妊娠が分かってからでは、間に合わない可能性があります。

 

ですので、妊娠の直前、1か月前ほどには摂取を始めるべきだと言われています。

 

次に、葉酸の摂取はいつまでが重要なのか、説明したいと思います。

 

細胞分裂が盛んなのは、胎児のときだけではありません。
乳児も、細胞分裂を繰り返し、どんどん大きくなっていきます。

 

乳児も胎児と同じく、自分では葉酸を摂取することができません。
そこで、お母さんが葉酸をしっかり摂取して、ミルクとして乳児に与えなければならないのです。

 

つまり、授乳中の葉酸摂取も重要だということです。

 

もちろん、授乳中や妊娠中、妊娠前だけでなく、葉酸はいつでも必要な成分ですが、赤ちゃんのためにも、これらの時期にはより積極的に葉酸を摂取するように心がけましょう。

 

■葉酸が不足するとどのような影響が胎児に出るのか

 

では、葉酸の不足によって引き起こされる問題についてご説明したいと思います。

 

妊娠初期に重要な器官が作られると先ほど述べましたが、そのひとつが神経管です。
神経管は脳や脊髄などに通っています。
この神経管の発育が不十分だと、神経管閉鎖障害になってしまいます。

 

この神経管閉鎖障害になっている人は、1万人に6人はいると言われています。
この神経管閉鎖障害を防ぐためにも、葉酸をしっかり摂取するように心がけましょう。

 

もちろん、葉酸だけで全ての問題を防げるわけではありません。
栄養バランスの整った食事と適度な運動は、健全な生活にも、健全な赤ちゃんを授かるのにも欠かすことができません。

どのような働きが葉酸にはあるのか

母子手帳にも記載があるほど、葉酸の摂取は妊婦と胎児にとって重要です。
このことが広まっているため、赤ちゃんのために葉酸のサプリメントを利用したり、食事でも葉酸が多くとれるように気を遣っていたりする人は多いと思います。

 

ビタミンB群の中の1つである葉酸は、ホウレンソウに存在しているものが最初に見つけ出されました。

 

では、葉酸の具体的な効果はどのようなものがあるのでしょうか。
胎児の成長に重要だということは知っていても具体的にどのような効果を発揮するのかは分からないという人も少なくないと思いますので、葉酸の効果についてご紹介したいと思います。

 

■どのような効果が葉酸にあるのか

 

養蚕は、チミンや核酸などの、細胞分裂に必要な成分の合成に関わります。
細胞分裂とは、1つの細胞が2つの細胞にわかれ、細胞の数を増やしていく行動のことです。

 

つまり、人体には欠かすことのできない働きを持っているのです。
ですので、葉酸が必要だとよく知られている胎児と妊婦以外にも、老若男女を問わず、全ての人にとって葉酸は重要な成分なのです。

 

細胞の生まれ変わりが活発になれば、新陳代謝の向上や整腸作用なども期待できます。
新陳代謝が活発でなければ、肥満や肌荒れなどを引き起こしてしまう可能性があります。

 

また、葉酸は赤血球を作るのにも欠かすことができません。
貧血などに悩む女性は、鉄分だけでなく葉酸も摂取してみてはいかがでしょうか。

 

■葉酸の胎児への影響

 

では、葉酸が妊婦や胎児に重要である理由はどうしてなのでしょうか。
それは、先ほどの細胞分裂と大きく関係しています。
胎児は、細胞分裂によって人の形へと変わっていきます。
この過程で葉酸が不足していると細胞分裂が滞り、先天性奇形を引き起こしてしまうのです。

 

また、神経管などの発育にも葉酸は重要です。

 

いずれも、特に妊娠初期に発達するので、妊娠を決めた時から積極的に葉酸を摂取する必要があります。

 

葉酸を配合したサプリメントも多く登場しているので、食事で補うのが難しい場合は利用を考えてみましょう。

葉酸が足りないと、どのような問題が胎児に起きるのか

葉酸はビタミンB群の一種で、新陳代謝を助けることによって代謝のアップや整腸作用をもたらしてくれます。
そんな葉酸の数ある効果の中で、最も知られているのが、胎児への効果です。

 

母子手帳にも葉酸の積極的な摂取が勧められているほど、葉酸は胎児にとって欠かすことのできない成分です。
妊娠したら、自分の分だけでなく、胎児の分まで葉酸をたっぷり摂取しなければならないのです。

 

では、具体的にどのような効果が葉酸にはあるのでしょうか、ご説明したいと思います。

 

■胎児が健やかに育つためには葉酸が欠かせません。

 

赤ちゃんは最初、精子と卵子から生まれるので、とても小さく、細胞数も少ないです。
そこから、細胞分裂を繰り返し、細胞を増やし、どんどん大きくなっていきます。
形も、丸い球のような形から、赤ちゃんの形になっていきます。

 

この赤ちゃんの体の発達はお母さんから貰った栄養素で成長していきます、
その栄養素の中でも、葉酸は核酸の合成に欠かすことができず、細胞分裂を促す働きを持っています。
そのため、葉酸が不足すると胎児の発育が滞ってしまうのです。

 

子宮の中でしっかり栄養を摂取して、成長しておかないと、健康的に生活できなくなってしまうのです。

 

■葉酸不足は障害を引き起こすこともある

 

葉酸を積極的に摂取する必要があるのは妊娠直前から妊娠初期だと言われています。
それは、妊娠初期に神経系を始めとする大切な器官が発達するからです。

 

そのため、この時期に葉酸をしっかり胎児が吸収できるように妊娠直前から妊娠初期に葉酸をたっぷりとらなければならないのです。
この時期にしっかり葉酸を摂取しなければ、障害が残ってしまう可能性があると言われています。
五体満足の健康的な赤ちゃんを授かるためにも、葉酸の摂取を心がけましょう。

葉酸の種類について

胎児への影響などが有名になってきたため、葉酸の摂取を心がける人が増えてきました。
胎児だけではなく、葉酸は老若男女を問わずに必要となる成分です。

 

葉酸の働きは細胞分裂の活性化にあります。
細胞分裂は胎児にだけ起こる現象ではありません。
また、細胞分裂は代謝の向上にもつながり、ダイエット効果や整腸作用などももたらします。

 

このため、様々な人が葉酸を摂ろうと、食事を工夫しています。
葉酸が特に多く含まれている緑黄色野菜を中心として、栄養素がバランスよくとれる食事は生活習慣病予防などにも重要です。

 

しかし、実際には葉酸の摂取は難しいです。
その理由のひとつが、葉酸の特徴にあります。
葉酸は熱に弱く、水に溶けだしてしまいやすいのです。
そのため、調理過程などに葉酸が失われてしまいます。
本人が摂ったつもりになっていても、実は摂れていないことも多々あります。

 

そんな時に役に立つのが、サプリメントです。
サプリメントは携帯性に優れているので、いつでもどこでも摂取することができます。
また、ほとんどのサプリメントが一日の目標摂取量を満たしているので、不足することはほとんどなくなります。

 

しかし、葉酸には天然原料から作られた葉酸サプリメントと、合成原料から作られた葉酸サプリメントのふたつがあります。
これを見分けて使わないと、せっかくサプリメントを使うのに、効果が弱まってしまったり、場合によっては逆効果になってしまったりする場合もあります。

 

■原料に合成原料が用いられている場合

 

合成原料の特徴は、とにかく安いことです。
サプリメントは特効薬ではありません。
そのため、長い期間目標摂取量を摂取し続けなければなりません。
毎日続ける上で、安さというのは大きな魅力です。
しかし、安さだけを求めていくと、合成原料を用いたものを購入してしまう恐れがあります。

 

もちろん安いサプリメントでもいいものはありますので、きちんと説明を読むように気をつけましょう。

 

安くても質の高いサプリメントは、大手メーカーのものです。
大手メーカーであれば、大量生産することができるからです。
大手メーカーの商品はきちんと説明がされているはずなので、きちんと天然原料が使われているか確認しましょう。
合成原料は体に悪い成分を含んでいることがあるからです。

 

通常であれば、体のデトックス作用や解毒作用で少しの有害物質は退けることができます。
しかし、妊娠中や授乳中は、幼児にその有害物質が流れ込んでしまいます。
胎児や幼児は弱いので、それらの影響を強く受けてしまうのです。

 

■原料に天然原料が用いられている場合

 

天然原料と聞くと、無条件に良いものと判断してしまいがちです。
しかし、添加物が含まれているのであれば、天然原料でも意味がありません。

 

合成香料、人工甘味料など添加物が使われていると、合成原料のときと同じように、胎児や乳児に影響が出てしまいます。

 

天然原料は吸収しやすい成分なので、体に無駄な負担をかけません。
無添加かつ天然原料のものを選ぶようにするのが良いでしょう。

 

ただし、値段が張ってしまうので、本当に継続できるのかよく考える必要が出てきます。