妊娠準備中は頭痛薬、便秘薬飲んでも大丈夫?

妊娠準備中は、妊娠のために身体に悪影響のあるものは少しでもカットしようと、様々なことに敏感になりがちです。
妊娠準備中に特に気になるのが、病気や薬に関することです。その中でも今回は、女性の服用が多い頭痛薬や便秘薬についての影響をご紹介します。

 

■頭痛薬や便秘薬が妊娠準備に与える影響

 

妊娠準備中は薬を避けるべき、と考えている方も多くいます。しかし、妊娠準備中の薬は特に悪影響にはなりません。
逆に、服用をしないままで体調が悪化してしまう方が身体に良くありません。体調が悪い場合は無理をせず薬を飲みましょう。

 

妊娠準備中の薬で問題があるのが、持病があり日常的に薬を飲んでいる場合です。
妊娠準備を始めるにあたり、かかりつけの医師に薬は妊娠準備に影響がないか、妊娠してからの薬の服用はどのようにするかをしっかりと相談するようにしましょう。

 

■妊娠準備中の薬の服用が気になる場合は

 

薬の服用は問題はないけれど、やはり妊娠準備を進めるにあたり気になるという方は、身体への影響が少ない漢方に置き換えてみるという方法があります。
漢方は古来から使われている民間薬で、普通の薬より副作用は少ないとされています。
漢方は薬局でも簡単に手に入るので、頭痛薬や便秘薬で漢方を使いたい方は薬剤師の方に相談してみましょう。
病院で漢方の処方を希望される場合、医師としっかりと相談をするようにしましょう。漢方の効き目は個人差があるので、効果に注意しながら摂取するようにしましょう。

 

妊娠と薬の情報を専門的に扱っている機関もあります。不安な方はこのような機関を使い、薬と妊娠の情報について改めて確認してみてはいかがでしょうか。
身近な場所では産婦人科で相談することもできます。妊娠準備中は何かと不安なことが多くなるので、一人で抱えず解消していくようにしましょう。