妊娠しやすいセックスとはどんなもの?

妊娠準備を進める上で最も重要なことはパートナーとのセックスです。妊娠しやすい身体作りを進めるとともに、タイミングを見て子供を作らなければなりません。
しかし、中々思うように子供ができないという方も多くいます。セックスの話題となると周りに相談しにくく、一人で悩んでしまうというパターンも珍しくありません。
そこで今回は、妊娠しやすいセックスの方法をご紹介します。

 

■一番妊娠しやすいタイミングを知る

 

妊娠準備を進めている方にとって気になるのが排卵日です。排卵日にセックスをすることで妊娠できると考えている方は多くいます。
しかし、最も妊娠しやすいのは排卵日当日ではありません。妊娠しやすいのは、排卵日の4日前からと言われています。
特に排卵日2日前から排卵日前日が最も妊娠しやすく、排卵日当日は妊娠率は低下してしまいます。

 

■日常的にパートナーと接触する

 

排卵日のタイミングを見てセックスをしても中々妊娠できない方は多くいます。しかし、数を多くすれば自然と確率は上がっていきます。
妊娠するタイミングだけでセックスをするのではなく、日常的にパートナーと接する機会を多くもうけ、自然に妊娠率を上げていきましょう。

 

■体位は関係ない

 

妊娠しやすい体位があるという話もよく耳にしますが、膣内に射精されれば問題はありません。
パートナーと自分が無理のない形でセックスをするのが一番重要です。

 

■普段から冷え性対策を行う

 

身体が冷えていると卵巣に栄養や酸素が届かず、卵巣機能の低下を招きます。
正常な排卵を促すために、普段から冷え性対策を行うようにしましょう。
すぐできる対策方法として、湯船にゆっくり浸かる、身体を温める食品を意識して摂取するなどがあげられます。
特に女性は冷えやすい身体となっているので、季節を問わず冷え性対策は行っていきましょう。