野菜を利用して葉酸を摂取する

胎児の発育に欠かすことができないと言われている成分が葉酸です。
葉酸は胎児以外にも、老若男女全ての人に必要な成分です。

 

葉酸は、細胞分裂を活発にします。
そのため、新陳代謝のアップや整腸作用などももたらします。
造血にも効果があり、貧血要望などにも用いることができます、

 

では葉酸はどうやって摂取知ればよいのでしょうか。

 

葉酸は、ビタミンB群の一種です。
つまり、野菜などを始めとした食物からでも十分に摂取することができるのです。

 

しかし、注意しなければならないことがいくつかあります。
まず、葉酸を始めとするビタミンの中には、熱によって破壊されてしまったり、水に流れ出ていってしまったりするものも多くあるということです。
そのため、調理によって成分が失われてしまうことがあるのです。

 

次に、サプリメントを利用している場合、過剰摂取をしてしまう可能性があるということです。
葉酸の摂取は1000ug以下に抑えるべきです。
多くの葉酸サプリメントは1日の摂取目標量である400ugが含まれています。
葉酸のことばかり考えて食事をとってしまうと、過剰摂取になることもあるので気をつけましょう。

 

■野菜で葉酸を摂取する

 

では、食事で葉酸を摂取しようと思った場合、どのような野菜が葉酸を多く含んでいるのでしょうか。
葉酸を摂取したいならば、緑黄色野菜を食べるのがお勧めです。
ブロッコリーやクレソン、ケール、春菊、芽キャベツ、アスパラガスなどが葉酸を多く含んでいます。

 

薬味のあさつきやこねぎ、わけぎなどにも葉酸は豊富です。
しかし、これらの薬味を多く食べて葉酸を摂取するのは現実的ではないと思いあm酢。

 

他には、豆類などにも葉酸は豊富です。

 

■葉酸を含む食品

 

野菜だけで葉酸を摂取する必要はありません。
養蚕は魚やお肉にも含まれています。
特に多く含まれているのはうなぎやレバーなどです。

 

これらの食材からの摂取が大変だと感じるようであれば、サプリメントを利用するのもお勧めです。