妊娠準備中にダイエットはしないほうがいい?

妊娠をする上で、肥満は大きな障害となります。過度な肥満は排卵障害に繋がり、妊娠準備の妨げてしまうのです。
また、妊娠準備のために病院で診察を受けた際、ダイエットが必要と診断される場合があります。この場合は医師の指示をしっかりと守りながら体重を落とす必要があります。

 

妊娠準備をスムーズに進める上でダイエットは必要なものとなります。
しかし、間違えたダイエット方法は逆に妊娠準備を妨げてしまう場合があるので、妊娠準備中にダイエットを行う場合は注意が必要です。

 

■ダイエットが必要な方とそうでない方

 

女性にとって、ダイエットは身近な話題です。美しいボディラインを保つために、食事や運動を工夫させ減量を行っています。
しかし、妊娠するとなるとまた違ってきます。まず、本当にダイエットが必要なのかどうかを確認しましょう。これは自分で測るのではなく、医師の診察で判断するようにしましょう。
妊娠しやすい身体作りは体重も重要です。妊娠準備のためには、痩せすぎず太すぎずの適正体重が必要なのです。

 

■妊娠準備中のダイエットの注意事項

 

妊娠準備中のダイエットは一気に減量しないように注意しましょう。急激な減量は身体にも負担がかかってしまいます。
また、妊娠準備中は減食するのではなく、栄養バランスをよく考えて毎食しっかりと食べるようにしましょう。
無理な食事制限は身体の健康を損なわせてしまいます。妊娠準備のためには、身体を常に健康な状態に保つ必要があります。
体重が気になる方は適度な運動を習慣付けましょう。時間がない方は、入浴後のストレッチなどの簡単な運動で良いので毎日続けてみましょう。
本格的な運動は疲労となり、身体に負担をかけるので、妊娠準備中の運動は適度なものに留めておきましょう。

 

妊娠準備中はダイエットという考えではなく、身体を健康に保つという目的で行いましょう。