妊娠準備中はなるべくストレスをなくそう

妊娠しやすい身体作りを進める妊娠準備は、妊娠へのプレッシャーや思うように妊娠できないという悩みから、心身ともにストレスを感じやすくなっています。
ストレスは妊娠準備を進める上で大きな障害となります。身体に与える影響だけでなく、ストレスを貯めることで妊娠準備をスムーズに進められなくなってしまうのです。

 

■妊娠準備時期に陥りやすいストレス

 

妊娠準備とは、妊娠に対するポジティブな活動のことを指します。妊娠準備を進めることで妊娠しやすい環境や身体を作り、子供を授かることを目標にします。
しかし、妊娠は中々思うようにできないものでもあります。排卵日などのタイミングを見て妊娠準備をしても、何年も妊娠できないという方は珍しくありません。
思うように妊娠できないとプレッシャーを感じたり、周囲の言葉に敏感になりイライラしやすくなってしまいます。
また、不妊治療を行っている方は、治療にかかる金銭面や通院の負担や治療の痛みがストレスになります。

 

デリケートな話題のため周りに相談できず、ストレスを貯めてしまう方が多くいます。
妊娠準備中はストレスを貯めこまないよう、パートナーと支え合ったり、ストレスを上手に解消することが大切です。

 

■ストレスが妊娠準備に与える影響

 

女性がストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れ、妊娠準備に重要な排卵に障害が出てしまいます。
スムーズな排卵を促進させることは妊娠しやすい身体を作ることで非常に重要なことです。ストレスはこれを妨げてしまうのです。

 

また、妊娠準備をしたらストレスが貯まってしまい、妊娠準備を止めてしまうという方も少なくありません。
不妊治療のストレスで治療を辞めた方がその後自然に妊娠したというケースもあります。
絶対に妊娠しなければと気負わず、なるべくリラックスした状態で妊娠準備を進めることが重要です。